スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【第55回】EDH

というわけで、本日はEDHのお話。

以前【第50回】で紹介をしたのですが、FBのプレーヤーの間でMTGの多人数用特殊ルールであるEDHというものをやっています。
どんなルールかーとかは、第50回を参照したり他ブロガーさんのところに行けば分かるかと思います(他人任せ
後MTGのルールが分からないと話が分からないと思うのもごめんなさい(汗

そんでもって今回EDHで話したかったのはこれ!
ドーン!
ジェネラル

というわけでいきなり写真のっけてみましたが、こちら僕のEDHのジェネラルになります。
えっ?可愛い娘がうつってるって?いやぁー可愛いとかうれしいこといってくれry

・・・と、こちら実はFB技術部部長である2.5次元を操るkanjuさんに作成してもらいました!
ほんとにありがとうございます!
写真見てくれたらわかるのですが、ほんとに芸が細かいw
種族が書いてある右側を見てほしいのですが、マークがそれぞれイラストに対応したものになっている!
左側のカードについては本来の名前は「水面院の歴史家 歌穂」なんですが「水面院の歴史家 花穂」とイラストの名前に変えてくださっているという!

いやー、普通にやっても面白いEDHですが自分の好きなカードが好きなイラストだとやる気も楽しさも更に上がるものです!

それじゃあ、カードの紹介でも。

向かって→が「ティボーとルミア」というクリーチャーといいます。

Tibor and Lumia / ティボーとルミア (2)(青)(赤)
伝説のクリーチャー ― 人間(Human) ウィザード(Wizard)

あなたが青の呪文を唱えるたび、クリーチャー1体を対象とする。それはターン終了時まで飛行を得る。
あなたが赤の呪文を唱えるたび、ティボーとルミアは飛行を持たない各クリーチャーに1点のダメージを与える。
3/3


うちの長女と次女が写ってますね!

いやーほんとに可愛い!

このクリーチャー、能力はとても地味なんですが実はとても僕のデッキと相性が良くて。

あるカードをつけると、一気に凶悪カードに早変わり!


Charisma / カリスマ (青)(青)(青)
エンチャント ― オーラ(Aura)

エンチャント(クリーチャー)
エンチャントされているクリーチャーがいずれかのクリーチャーにダメージを与えるたび、カリスマが戦場に出ている限り後者のクリーチャーのコントロールを得る。


↑のカリスマをティボーとルミアにつけ、赤の呪文を唱えるとあら不思議。
飛行を持っていないクリーチャーが全部私のコントロール下に!
きまるとほんとに気持ちの良いコンボですw


あっ、ちなみに写真に佳奈多と葉留佳とかかれたフレーバーがあるのですが劇中のセリフかといわれたらそうではなく
私が考えました!
・・・こら!痛いとかいうな!


次に向かって←側のクリーチャー

Kaho, Minamo Historian / 水面院の歴史家、歌穂 (2)(青)(青)
伝説のクリーチャー ― 人間(Human) ウィザード(Wizard)

水面院の歴史家、歌穂が戦場に出たとき、あなたのライブラリーから最大3枚までのインスタント・カードを探し、それらを追放する。その後あなたのライブラリーを切り直す。
(X),(T):あなたは水面院の歴史家、歌穂によって追放された、点数で見たマナ・コストがXであるカードを1枚、そのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。
2/2


うちの末娘が写ってますね!可愛い!

ちょっと難しいカードなんですが、このカードが場に出たときにデッキの中から3枚インスタントのカードを抜き出し除外。
そのときに除外したカードをタップとマナコストを支払うことで使うことができるという擬似手札扱いができるカード。

実はこのカードを使って対戦相手を1KILLして倒すことができる!というコンボがあるのですがちょっと難しいので説明は割愛。
くらってみたい方は是非僕とFBでEDHやりましょう!(宣伝


というわけで、今回はkanjuさんに作ってもらったカードの自慢でしたw


それでわー
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お久しぶりです。これは……欲しいですね(笑)これなら愉しそうでいいですね。
プロフィール

蓉子

Author:蓉子
父親になることを夢見るTCGプレーヤー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。